土からこだわる

美味しいお米を育ててくれる土に感謝。

土が稲を育ててくれること、お客様に美味しいといってもらえること、
私たち農家が農業をできること。

戦争や災害や疫病。今、世界では様々な事が起きています。
その中で私達は何が出来るのか。

日本の作物を食べられることを、ずっと当たりまえにしていきたい。
これからも永続的な農業であるために、今取り組むべきは何か?を日々考えています。



庄治郎商会では毎年10月に土壌分析(田んぼの栄養素の検査)をおこなっています。
田んぼの土にはさまざまな微生物が生息しており、地域によって土質に違いがあります。


こうやって比べてみると、場所によって見た目にもこんなに差がでています。
採取して分析した結果をもとに不足している成分を計算し、
稲刈り後の田んぼに堆肥などで栄養を補い、本来の健康な土の状態に戻します。

また、逆に成分が基準より多い場合は化学肥料を減らすことができるので、
環境にやさしい、持続的な農業をおこなうことができるのです。



ちょっとマニアックですが笑
こうして土の栄養バランスをとることにより、お客様への安定した供給や良質で健全な農業に繋がります。


今年ももうすぐ田植えの季節。
まだまだ雪景色の南魚沼ですが、少しづつ春めいた陽気になってきています。

また皆様に美味しく安全なお米をお届けできるようがんばります!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

縁起米 結