なぜ、安いお米と高いお米があるのか?

こんにちは!

連日雨続き、九州地方では豪雨災害も出ています。

庄治郎商会でも、微力ながら募金させて頂きました。

被害に遭われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。

 

 

今日は少し、お米の価格について私なりに意見していきます。

たまにスーパーなどで見かける超激安だったりする米ありますよね?

ブランド米なのに市場価格よりかなり安く売っているネット業者もあります。

安いですよね。安い。

安いに越した事はない。

私もたまに海外大手の激安ファッションブランドで洋服買ってましたよ。

でもね、皆さん経験あると思うんですが、

ペラッペラ!!!笑

縫製雑!!!

一度洗濯したらヨレとるやないか!!!!

そして結局すぐ新しいものを買い直すので、なんか余計金かかってないか?

と、いう感じですね。

業種が違いますが、結局すべての価格帯とはこういったことへのリスクとの兼ね合い、また安心安全を先取りするか否か、が含まれているのでは、と感じています。

例えば、

クズ米(変色したり粒が小さ過ぎる未成熟な米)

古々米(去年の米は古米、一昨年の米は古々米)

など、品質の悪い米を精米機に何度も通して表面の変色している

部分を削ったり、

変色した米に漂白剤を使って白くしたり、、

古々米の保存性を高めるためにPH調整剤(多く摂ると腎不全になる)

を使っている業者もあるようです。

さらに悪徳の業者になると事故米や家畜用、産業用の米が混ぜられ、

平気でコシヒカリ100%などと表示されて売られているのが実態のようです。 

もちろんすぐに死亡事故に繋がるなどということはないかと思います。

『ただちに影響はない』

論議を醸したあの言葉がよぎりますね。

私は毎日のように食べるお米は信頼のおける

お米屋さん(米穀さん)で買う、米農家から直接買う、

が一番安心安全かと思います。出来れば米だけでなくなんでもそうです。

美味しい、はもちろん安全なものを食べてください。

あなたの血も肉も食べるものによって出来ています。

ではまた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

TPPって?