庄治郎のお米は種を育てるところから

種から育てた苗たちが成長し、GWから田植がはじまっています。

暑すぎても寒すぎても良い苗にはならないので、毎日顔を見てあげて

風をいれたり水をやったり。

私たちが自信をもって庄治郎米が美味しいと言えるのは、

小さな種のころから我が子のように気にかけ、顔をみて、育てているから。

今年も美味しいお米になるようにスタッフ一同全力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

森を育むお米