米農家の夏

庄治郎では、夏の間中間追肥(ちゅうかんついひ)といって肥料をまきます。

これは稲に更に栄養を与える為、

夏の暑さに負けないようにする為です。

お客様に見えない作業の上、経費削減になるので、まかない農家さんも多いです。

ですが稲も生き物なので、その時々欲してるものがあると思うのです。

美味しくて安全なお米、とはなかなか手間がかかります。.

そしてなかなかに愛おしいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


前の記事

お中元

次の記事

唎酒師取得!