良い薪 悪い薪

ご覧いただきありがとうございます、庄治郎です(^^)

またまた寒波がやってきているそうで、新潟は連日雪!雪!雪!

…そして雪です!

晴れた日は、すっごく綺麗ですよ(^^)
20150214_93884

今が薪ストーブ本番の時期ですね!
庄治郎でも、たくさんのご注文を頂いております。
いつもありがとうございます(^^)

20150214_93894

20150214_93897

薪?どれも一緒でしょ??

って思っていませんか?

私なんて無知過ぎて小人が斧で切ってると思ってましたからね!

20150214_93890

な、わけないですけどね!

それはさておき、まず良質な薪とは乾燥で決まります。

充分乾いていない薪を使用すると、薪に残っている水分の蒸発にエネルギーを奪われ、火力が上がりません>_<

立木の含水率は50%以上
乾燥薪の含水率は20%以下と言われています。
薪ストーブに使う薪の水分量は15~20%前後が最適です!
(焚き付けでしたらそれ以下でも大丈夫です!)

きちんと乾燥されているか!
これかなり大事です!

20150214_93895
また、薪にも様々な種類がありますが、庄治郎では主にナラ薪、ブナ薪

を使用しています(^^)

木が堅く比重が大きい為、火力が強い!また、火持ちが良いのです。

いくら安くても、火力や持ちが弱いのでは余計なコストがかかりますf^_^;)

また、特に個人宅で薪ストーブをお使いの方は注意して頂きたいのですが、
乾燥した自然の薪以外は燃やしてはいけませんよ!!!

健康に害を及ぼす可能性がある他、ストーブや煙突の破損の原因にもなります(;゜0゜)

20150214_93896

良い薪を正しく使うことで、薪ストーブ、石窯も寿命がのびますよ(^^)
大事にしてあげましょう☆

良質でベストな状態の薪を、庄治郎ではお届けしております(^^)

HPへはこちらから☆

http://shojiro.co.jp

仕事が好き~☆

な庄治郎商会でした

20150214_93893

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次の記事

薪と環境